NEWSお知らせ

2014/08/12
【パイロット版が無事閉幕!】第1期7DAYS Program

IMG_0423

8月10日、7日間に亘る7DAYSプログラムが閉幕しました。

首都圏の大学生を中心に大学1~4年生まで28名の塾生が集まり、『自分はどこから来て、これからどこへ向かうのか?』という大きな問いと対峙しながら、リベラルアーツ(教養)を学び、世界観、歴史観、人間観を深めていきました。7日間ぎっしり詰込み型のプログラムであったため、頭の中に知恵熱と健全なモヤモヤ感が残りつつも(笑)、皆晴れ晴れとした顔つきで巣立っていきました。

ここでは、各日の様子を写真やダイジェストムービーと共に、簡単にご紹介させていただきます!

◆第1期7DAYSダイジェストムービーはこちらをクリックしてご覧ください。

<1日目:イントロダクション>

◆開塾式

◆開塾式

◆チームビルディング

◆チームビルディング

◆情報社会の新楽観主義~ものづくりとICTの融合が生む未来~(公文 俊平氏)

◆情報社会の新楽観主義~ものづくりとICTの融合が生む未来~(公文 俊平氏)

◆第一回すずかんゼミ(鈴木 寛氏)

◆第一回すずかんゼミ(鈴木 寛氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2日目:自分たちを取り巻く世界はどこから来たのか>

◆資本主義をベースとした経済社会システムの変遷と本質を考える(野田 智義氏)

◆資本主義をベースとした経済社会システムの変遷と本質を考える(野田 智義氏)

◆バングラデシュでの挑戦 (山崎 大祐氏)

◆バングラデシュでの挑戦
(山崎 大祐氏)

◆世界の人権問題と対峙する (土井 香苗氏)

◆世界の人権問題と対峙する
(土井 香苗氏)

◆世界の中の日本 (Heang Chhor氏)

◆世界の中の日本
(Heang Chhor氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<3日目:自分たちが生きる日本の社会を見据え、その未来を展望する>

◆課題先進国ニッポンを歩く ~山谷フィールド・トリップ~

◆課題先進国ニッポンを歩く
~山谷フィールド・トリップ~

◆山谷のホスピス「きぼうのいえ」 (山本 雅基氏)

◆山谷のホスピス「きぼうのいえ」
(山本 雅基氏)

◆福島の原発と放射能問題を、哲学・死生学を切り口に考える(一ノ瀬 正樹氏)

◆福島の原発と放射能問題を、哲学・死生学を切り口に考える(一ノ瀬 正樹氏)

◆東北から、地域の未来を考える (嶋田 賢和氏)

◆東北から、地域の未来を考える
(嶋田 賢和氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<4日目:世界の中の日本と、日本人>

◆靖国神社・遊就館フィールド・トリップ

◆靖国神社・遊就館フィールド・トリップ

◆日本とは何か、世界の中の日本とは何か(二之湯 たけし氏)

◆日本とは何か、世界の中の日本とは何か(二之湯 たけし氏)

◆東洋思想から、リーダーシップを考える(田口 佳史氏)

◆東洋思想から、リーダーシップを考える(田口 佳史氏)

◆身体感覚を確認する(松田 恵美子氏)

◆身体感覚を確認する(松田 恵美子氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<5日目:そもそも人間とは何者か>

◆中東・パレスチナ問題から人類、世界が抱える混迷を紐解く(立山 良司氏)

◆中東・パレスチナ問題から人類、世界が抱える混迷を紐解く(立山 良司氏)

◆現代資本主義とポストモダン思想、哲学原理と人間の未来(竹田 青嗣氏)

◆現代資本主義とポストモダン思想、哲学原理と人間の未来(竹田 青嗣氏)

 

 

 

 

 

 

 

<6日目:他者と自分と向き合う>

◆地球の目線(竹村 真一氏)

◆地球の目線(竹村 真一氏)

◆第二回すずかんゼミ(鈴木 寛氏)

◆第二回すずかんゼミ(鈴木 寛氏)

 

 

 

 

 

 

<7日目:自分にとってのリーダーシップ>

◆未来と世界を拓くリーダーシップ (野田 智義氏)

◆未来と世界を拓くリーダーシップ
(野田 智義氏)