EVENTSイベント情報

2014/06/18
7月4日(金) 鈴木寛×野田智義「キミは、この21世紀をどう生きるか」

第三回リベラルアーツ

来たる、7月4日(金)。
【大学生】を対象に、鈴木寛氏(元文部科学副大臣)と野田智義氏(NPO法人ISL理事長)による《21世紀を再定義する》をテーマとしたトークセッションイベントを開催します!

21世紀の現代。
私たちのまわりは溢れんばかりの課題が複雑に絡み合い、今までの機能やセオリー、正解とされてきたことが問いなおされる時期になっています。
これからの21世紀。主人公として生きていく私たちはこの正解のない社会で、どう未来を描き、どう生きていきますか?

・この21世紀を創るために今必要なことは?
・今の社会をどう定義付けするのか?
・自分たちはどこから来て、どこへ向かう存在なのか?
・次世代の創り手として、どう未来を見据えたいか?
・今この社会が抱えている本質的な課題とは?

文部科学副大臣・参議院議員・大学教授・数々のNPO法人理事として、社会を動かし、教育改革に魂を注いできた「鈴木寛氏」と、世界でもリーダーシップ論の第一人者であり、数々のリーダーを独自の全人格的教育によって輩出してきたISLの理事長「野田智義氏」の夢のパネルディスカッション第二弾!

ここでしか聴けない、講師と参加者が
膝を突き合わせて語り合う生の対話の機会がここにあります。

・今、何をすべきか迷っている
・大学生活の身の振り方を考え中
・本物のリーダーシップを身につけたい
・リベラルアーツとはなんぞやを考察している
・この時代の行く末をきちんと見据えたい
という人におすすめのイベントです。

講演だけでなく、濃密なディスカッション・意見交換を行うため、【人数限定】【先着順】とさせていただきます!

▼▼お申込みはこちら▼▼
https://pro.form-mailer.jp/fms/88c6046058059

_________________________
~開催概要~
日時:2014年7月4日(金)19:00~22:30 懇親会あり
   (開場:18:30/開演:19:00 ※途中入退出可)
会場:NPO法人ISLクラスルーム
   東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5F
   (http://www.isl.gr.jp/info/access.php
会費:500円(懇親会の実費分を頂戴いたします)
人数:先着100名

~当日のタイムライン~
19:00 鈴木寛×野田智義クロストークセッション「キミはこの21世紀をどう生きるのか」
20:20 グループディスカッション
20:40 鈴木寛氏、野田智義氏との全体ディスカッション
21:50 懇親会
22:30 終了

~参加対象者~
大学生・院生

■問い合わせ先
NPO法人ISL(学生組織 志塾IALS)
Email:ials@isl.gr.jp TEL:03-5226-6800
担当:志賀アリカ(しが・ありか)、伏木洋平(ふしき・ようへい)
_________________________
【講師プロフィール】
○鈴木寛
東京大学公共政策大学院教授, 慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授,社会創発塾塾長、日本サッカー協会理事、元文部科学副大臣

1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、1986年通商産業省に入省。山口県庁出向中に吉田松陰の松下村塾を何度も通い、人材育成の重要性に目覚め、「すずかん」の名で親しまれた通産省在任中から大学生などを集めた私塾「すずかんゼミ」を主宰した。省内きってのIT政策通であったが、「IT充実」予算案が旧来型の公共事業予算にすり替えられるなど、官僚の限界を痛感。霞が関から大学教員に転身。慶應義塾大助教授時代は、徹夜で学生たちの相談に乗るなど熱血ぶりを発揮。現在の日本を支えるIT業界の実業家や社会起業家などを多数輩出する。
2001年参議院議員初当選(東京都)。12年間の国会議員任務の中、民主党政権では文部科学副大臣を2期務めるなど、教育、医療、スポーツ・文化・情報を中心に活動。党憲法調査会事務局長、参議院憲法審査会幹事、超党派スポーツ振興議連幹事長、東京オリンピック・パラリンピック招致議連事務局長、超党派文化芸術振興議員連盟幹事長や日本ユネスコ委員も歴任。また、大阪大学招聘教授、中央大学客員教授、電通大学客員教授、福井大学客員教授、和歌山大学客員教授、NPO法人日本教育再興連盟代表理事、独立行政法人日本スポーツ振興センター顧問を務める。
2013年の改選選挙にて惜敗の後、自身の原点である「人づくり」「社会づくり」にいっそう邁進するべく、一般社団法人社会創発塾を設立。社会起業家の育成に力を入れながら、2014年2月より、東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授に同時就任、日本初の私立・国立大学のクロスアポイントメント。若い世代とともに、世代横断的な視野でより良い社会づくりを目指している。

○野田智義
京都市出身。1983年東京大学法学部卒、日本興業銀行入行。マサチューセッツ工科大学(MIT)より経営学修士号(MBA)、ハーバード大学より経営学博士号(DBA)を取得。ロンドン大学ビジネススクール助教授、インシアード経営大学院(フランス)助教授を歴任し、2000年に13年ぶりに帰国。日本経済の停滞、社会の混迷に強い危惧を覚え、教職を捨て、仲間とともに、日本再生のための社会運動体としてISLを創設。独自の全人格リーダー教育プログラムの提供、スピリット溢れる場とコミュニティの運営、社会起業家の発掘・育成・支援といった活動を通じて、世界に貢献できる日本の実現に挑んでいる。著書に「リーダーシップの旅」(金井壽宏氏と共著光文社新書)。過去インシアード経営大学院において、最優秀教授賞を3年連続受賞。
特定非営利活動法人ISL (http://www.isl.gr.jp/
社会イノベーター公志園 (http://koshien-online.jp/
『リーダーシップの旅』(光文社新書)(http://www.amazon.co.jp/dp/433403389X/

■主催
NPO法人ISL 学生組織 志塾IALS